屋根修理・屋根塗装・葺き替え・カバー工法・雨漏り補修などの屋根リフォームを東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県で施工中の屋根工事専門店。住宅・マンション・アパート・工場・店舗など、屋根修理工事の現地調査・お見積りは無料です。

屋根葺き替えの工程と施工の流れ

一般的な戸建て住宅の屋根葺き替え工事の施工の流れです。屋根の葺き替え工事は、屋根材の劣化が進んできて雨漏りなど屋根材の内部まで劣化が進んでしまった場合の屋根リフォーム工事です。一般的な屋根葺き替えのタイミングは、雨漏りが発生して防水シートや野地板の劣化が進んでしまい塗装工事やカバー工事で対応できない場合です。屋根塗り替え工事や重ね葺きが施工できないと言われてしまった場合はお気軽にご相談ください。

屋根の劣化状況

瓦屋根の劣化状況瓦屋根の棟部分の劣化状況です。屋根瓦の下にある防水シートや野地板の劣化につながってしまいます。

瓦屋根の劣化状況瓦屋根の場合は瓦の劣化以外にも瓦のずれ、漆喰の劣化なども雨漏りの原因になってしまいます。

既存瓦の撤去

既存瓦の撤去劣化してしまった瓦屋根を撤去していきます。

既存瓦の撤去後既存瓦の撤去後のようすです。葺き替え工事の場合は雨などの天候が工程に直結します。

野地板の設置

野地板の設置野地板の設置中のようすです。瓦を設置するまでに野地板や防水シートを張り付けていきます。

防水シート(アスファルトルーフィング)の設置

防水シートの設置野地板の上のアスファルトルーフィングの設置中です。壁の取り合い部分もしっかりと施工していきます。屋根葺き替え工事は雨が大敵なので、防水シートの設置まで工事の人数をかけて一日で終わらせることが多いです。

新しい屋根材の設置

瓦の設置防水シートの設置後新しい屋根材を設置していきます。こちらの施工ではケイミューのルーガ雅という瓦を使って葺き替えていきます。

屋根葺き替えの施工完了

屋根葺き替えの完了後屋根葺き替え工事の施工完了後です。新しく葺き替えた「ルーガ雅」は、厚くて軽い、割れにくい、キレイが長持ち、優れた防災性能などの特徴を持った屋根材です。

屋根葺き替えの完了後こちらの屋根葺き替えは、瓦から瓦の葺き替え工事でしたが、ガルバリウム屋根やカラーベストなど屋根材の種類は各種取扱可能です。ご希望の外観や機能などに合わせて屋根修理の専門家が最適な屋根材をご案内させていただきます。

葺き替え完了後足場撤去屋根葺き替えが完了したら、検査後に足場を解体して施工完了となります。足場の撤去後は周辺の清掃までしっかりとキレイにしてお引き渡しとなります。

屋根葺き替えは好みの屋根材にリフォームするチャンスです

屋根リフォームには葺き替え工事の他に重ね葺きや塗り替え工事などありますが、屋根材だけではなく野地板や防水シートも交換するので屋根に関しては新築と変わらない状態に生まれ変わることができます。築年数が結構経っている場合や屋根からの雨漏りが起きてしまっている場合は屋根葺き替えリフォームがオススメです。
見た目の印象を変えることも、屋根材の機能を選ぶこともできるので新築のような気分で屋根リフォームができます。屋根修理ラボでは、各メーカーの屋根材を取り扱っていますので「今の自宅は昔ながらの瓦だけど屋根の重さが心配だから軽い屋根材に葺き替えたい」「屋根を交換した後はメンテナンスをできるだけしたくないのでガルバニウム屋根材にしたい」などお気軽にご相談ください。

屋根葺き替えの工程は上記のような流れが一般的です。「足場の設置」「既存屋根材の撤去」「野地板の設置」「防水シートの設置」「新しい屋根材の設置」「足場の解体」という施工の流れが基本工程です。屋根葺き替え工事と合わせて、外壁の張り替えや塗り替え工事の施工も承邸ますので屋根リフォームはもちろん、建物全体の外装リフォームを考えているという場合はまずはご相談ください。屋根修理の専門家が実際に屋根の劣化状況を拝見させていただいた上で、建物にとって一番オススメのリフォーム工事でご提案させていただいています。

屋根修理ラボの屋根修理工事
屋根の塗り替え工事
屋根の葺き替え工事
雨漏りの修理工事
ベランダ・屋上の防水工事
屋根修理ラボの屋根耐震リフォーム
このページをシェアする
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
無料見積依頼
お名前 必須
電話番号 必須
メール 任意
床面積 任意
希望内容 必須
PAGETOP
Copyright © 屋根修理ラボ All Rights Reserved.