アパートの屋根を修理するときの3つのポイント

アパートやマンションのメンテナンスは、資産価値を高めるだけではなく耐久性・耐震性の補強での安全面などで空室軽減の効果も見込めるため、定期的に行うことをおすすめします。

アパート・マンションの屋根修理

アパートやマンションの屋根を修理する場合は、工事方法をどの工事にするかの判断をする必要があります。
葺き替え工事カバー工法塗装工事防水工事などがありますので、屋根の劣化状態や屋根の形状などによって判断することとなります。

アパートの外装リフォームの施工前後

こちらのアパートの修理の場合は、外壁の修繕・メンテナンスを塗装(セラミシリコン塗装)で施工し、屋根も併せて塗装(ヤネフレッシュ塗装)で施工した事例です。
外壁と屋根を同時に修繕・補修することで、足場の費用などの経費削減につながりますので、外壁と屋根のどちらもメンテナンスをご検討中の場合は同時に施工する方が費用面にも良いでしょう。

屋根の修理やメンテナンスと言っても、葺き替え工事では費用が高額になってしまったり、実際にそこまでの補修が必要ではない場合もあります。
コストを抑えた屋根修理の方法として、上記アパートのように塗装で施工するというのも一つの方法ですのでご参考ください。

アパート・マンションの屋根修理の3つのポイント

屋根材を確認

屋根材がスレート屋根、ガルバリウム(金属屋根)、瓦屋根などを確認し、屋根の材料によって最適な補修工事を検討します。

屋根の材料を確認する

耐用年数の確認

今後どれくらいの耐用年数が必要なのか、どれくらいの期間を目標としているのかを確認します。

屋根修理工法の耐用年数

メンテナンスの方法

メンテナンスの方法として、葺き替えが良いのか部分補修が良いのかなど、工事の方法を選択します。

上記、3つのポイントを確認して、最適なアパート・マンションの屋根修理を施工しましょう。
築年数や、周辺環境などによって劣化状況がそれぞれ違いますので、まずは無料の現地調査を依頼することをおすすめしています。

屋根修理の無料見積依頼