東京都北区住居兼アパートの屋根塗り替え工事の施工事例です。屋根のメンテナンス方法には、屋根材を新しいものに交換する「屋根の葺き替え工事」、今ある屋根の上に新しい屋根を重ねる「屋根のカバー工法」、屋根に塗料を塗って耐久性を高める「屋根の塗り替え工事」などあります。屋根修理ラボでは、屋根材の劣化状況や屋根材の種類、お客様のご要望に合わせて最適な屋根修理工事を施工させていただいています。
一般住宅の屋根修理からアパートやマンションなど集合住宅の屋根修理、工場や店舗など様々な建物の屋根修繕工事に対応しています。「屋根の劣化状況が気になってきた」「そろそろ屋根のメンテナンスを考えている」「外壁塗装のタイミングで屋根も塗り替えたい」など屋根のメンテナンスをお考えの方はお気軽にご相談ください。屋根修理、外装リフォーム工事の専門家が建物にとって最適な修繕工事をご提案いたします。

屋根塗装の施工前の状態屋根塗装の施工前の状態です。屋根材の種類に合わせて最適な塗料を使って塗り替え工事を施工いたします。

屋根のケレン清掃屋根のケレン清掃中のようすです。屋根だけではなく鉄部の塗装工事の場合はケレン清掃でしっかりと汚れを落としてから塗装の工程に入ります。

屋根塗装の下塗り屋根塗装の下塗り施工中のようすです。屋根塗装の施工の流れは屋根材の種類によって異なりますが「高圧洗浄」「下地調整」「サビ止め」「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りで仕上げます。

屋根塗装の中塗り屋根塗装の中塗り施工中のようすです。下塗りで下地を整えてから中塗り・上塗りでご希望の色を使って仕上げていきます。

屋根塗装の上塗り完了後屋根塗装の上塗り施工完了後のようすです。屋根塗装工事の場合は、一般的に足場を設置して塗り替えるので外壁や付帯部などの同時工事もおまかせ下さい。

屋根の定期メンテナンスで塗り替えリフォーム

建物の屋根や外壁など雨水や風の影響を直接受ける箇所は、定期的にメンテナンスをすることで雨漏りなどの被害を防止することにつながります。葺き替え工事などの大きな工事は、塗り替えやカバー工法では対応できない状態の時に施工することが多く、一般的には10年前後で屋根塗装のメンテナンスが多いです。劣化状況が進んでしまうと屋根の塗り替え工事やカバー工法で対応できなくなってしまうので雨漏りなどの被害が出る前の早めのメンテナンスが大切です。

屋根修理ラボでは、屋根塗装工事だけではなくカバー工法葺き替え工事の施工実績も多数あります。実際に屋根の劣化状況を拝見させていただいた上でどのようなメンテナンス方法が最適なのかご提案させていただいています。
屋根塗装工事の場合は、様々な塗料を取り扱っていますので「屋根に遮熱性能を持たせて室内の温度上昇を抑えたい」「冬の寒い時期に室内の暖かい空気ができるだけ逃げないような断熱性のある塗料で屋根を塗装したい」「できるだけ耐用年数が長い塗料で屋根塗装を考えている」など様々なお客様のご要望にお応えいたします。屋根の劣化症状が少しでも気になったらお早めにご相談ください。屋根の状態を確認する現地調査や、屋根修理工事の費用をお伝えするお見積もりは無料で承っています。

屋根修理の無料見積依頼